物流ポータルサイト 物流道

物流道

物流セミナー(東京都エリア)

11月17日(東京)株式会社構造計画研究所「災害時における物流事業継続のためのリスクマ ネジメントと対策セミナー」

物流セミナー

11月17日(東京)株式会社構造計画研究所「災害時における物流事業継続のためのリスクマ ネジメントと対策セミナー」

開催日:11月17日(木)
場所:東京都中野区中央4-5-3

本セミナーでは東日本大震災の経験をもとに、災害に強い物流ネットワークを確保するための様々な課題と工学的アプローチによる解決事例を紹介します。

物流施設・設備の耐震対策、地震リスクを考慮した拠点配置見直しなどの戦略立案、災害下における社員参集シミュレーションなどを紹介します。

セミナー情報

このセミナーを印刷
11月17日(東京)株式会社構造計画研究所「災害時における物流事業継続のためのリスクマ ネジメントと対策セミナー」
タイトル災害時における物流事業継続のためのリスクマネジメントと対策セミナー
開催日11月17日(木)
時間13時30分~17時00分(受付開始:13時30分)
場所​構造計画研究所 本所新館レクチャールーム
住所東京都中野区中央4-5-3
参加費用無料 (事前登録が必要となります)
定員先着 80名
申込先下記URLのページよりお申し込みいただけます。
https://kke.smartseminar.jp/public/seminar/view/516
地図を拡大
物流セミナー 11月17日(東京)株式会社構造計画研究所「災害時における物流事業継続のためのリスクマ ネジメントと対策セミナー」の内容
14時00分15時00分

事業継続のための地震リスクマネジメント
?建物・設備の被害想定と耐震対策?

建物の耐震化により建物構造の被害を軽減したとしても、施設内設備の脆弱性を放置したままでは、物的・人的損失被害や事業の継続に大きな影響を及ぼすことも考えられます。

本講演では、物流センターなど施設の地震リスク評価、自動倉庫やラックの耐震性評価の事例をもとに、事業継続性・安全性・経済性の視点からシミュレーション技術を駆使した効果的なリスクの把握方法と、その対策を紹介します。
また、関連して、地震に関わる最新の情報収集ソリューションを紹介します。

15時15分16時00分

災害に備えるロジスティクス戦略

サプライチェーン寸断リスクに備えるためには物流センター等の施設と設備の耐震対策のみならず、物流のネットワーク全体を見据えた対策も重要です。
本講演では、中長期的観点から災害に備えるロジスティクス戦略立案を行った、物流拠点配置の見直し事例、道路損壊状況の予測システムと連携した配送計画事例について紹介します。

16時00分16時45分

災害下での限られたリソースを有効活用する最適人員配置計画

災害下において物流ネットワーク全体を見渡した対策を行う一方で、現場のオペレーションを確実に実行する人員確保対策へも目を向けることも必要です。
本講演では、物流センターでの最適人員配置、災害発生時の社員参集シミュレーションなどの事例を紹介します。

16時45分17時00分

個別質疑応答

ご質問にお答え致します。

このセミナーが気になったらシェアできます

こちらのセミナーも注目されています

物流セミナー掲載のお申し込み