物流ポータルサイト 物流道

物流道

物流セミナー(大阪府エリア)

株式会社セイノー情報サービス「基礎から学ぶ在庫コントロール(大阪)」

物流セミナー

株式会社セイノー情報サービス「基礎から学ぶ在庫コントロール(大阪)」

開催日:7月17日(金)
場所:大阪府大阪市淀川区宮原4-5-36 セントラル新大阪ビル5階

毎年発表されるJILS(日本ロジスティクスシステム協会)の物流コスト削減テーマについて、多くの企業が「在庫削減」をテーマに挙げています。在庫は長年のテーマとして関心の高さが伺えますが、解決することが難しい課題だともいえます。そこで、そもそも在庫とは何か?在庫削減はなぜ必要なのか?在庫削減はどのように行うのか?など、基本に立ち返り、在庫の基礎を理解いただこうと思います。

最低施行人数は2名、最大は20名程度とさせていただきます。1社で複数名の参加も歓迎いたします。関係者を誘ってのご参加や、新入社員や新配属の教育でご利用下さい。少人数で気楽でアットホームな雰囲気で進めて行きたいと思います。

セミナー情報

このセミナーを印刷
株式会社セイノー情報サービス「基礎から学ぶ在庫コントロール(大阪)」
タイトル基礎から学ぶ在庫コントロール
開催日7月17日(金)
時間14時30分~16時40分
場所​株式会社セイノー情報サービス 大阪支店
住所大阪府大阪市淀川区宮原4-5-36 セントラル新大阪ビル5階
参加費用無料(事前登録制)
定員20名
申込先下記URLのページよりセミナーをお申し込みいただけます。
http://www.seino.co.jp/sis/seminar/ozaiko/
地図を拡大
物流セミナー 株式会社セイノー情報サービス「基礎から学ぶ在庫コントロール(大阪)」の内容
14時40分15時30分

在庫削減によるコストと物流へのインパクト
~もう一度、基礎から在庫について考える~

下げ止まり傾向にある物流コスト。さらなる物流コストダウンのキーワードは在庫削減にあった!今一度、基本に立ち戻り、在庫とは何か、在庫は経営や物流コストにどのような影響をもたらすのか?在庫削減のためにはどのような取り組みを実施すべきかについてご説明します。

15時40分16時40分

一般的な在庫コントロール手法(発注点方式)のご説明と
在庫マネジメントソリューション「SLASH」の具体的な機能のご紹介

需給・発注部門における在庫コントロールの手法は色々とありますが、当セッションでは一般的である発注点方式を元に、在庫のコントロール方法についてご説明します。実践ケースとしては、適正在庫を支援する弊社の在庫マネジメントソリューション「SLASH」を利用して、需要トレンド分析や最適発注点算出を行い、在庫コントロールを体験していただきます。

15時40分16時20分

物流センターの作業工程効率化 
~倉庫管理システム「SLIMS」の導入事例~

物流センターを管理するシステムであるWMSは、物流現場の作業効率の向上と在庫管理精度の向上を図るオペレーション機能が基本ですが、市場の変化に伴い管理機能の重要性が増しています。高度化するオペレーション機能のご紹介と共に物流センターのKPI管理やリアルタイムの作業員管理などをご紹介いたします。

<講師>
株式会社セイノー情報サービス

【ご連絡事項】

・同業者様はお申込みをお断りさせて頂く場合があります。
・講演内容につきましては、一部変更になる場合があります。
・受付にてお名刺を頂戴いたしまして、本人確認とさせていただきます。

このセミナーが気になったらシェアできます

こちらのセミナーも注目されています

物流セミナー掲載のお申し込み