物流道 物流ポータルサイト物流業界のポータルサイト

物流セミナー(東京都エリア)

2月3日(東京)日通総合研究所「マクドナルドの事例に学ぶ 物流現場のパート・アルバイト活用の基本」

物流セミナー

2月3日(東京)日通総合研究所「マクドナルドの事例に学ぶ 物流現場のパート・アルバイト活用の基本」

2月3日(東京)日通総合研究所「マクドナルドの事例に学ぶ 物流現場のパート・アルバイト活用の基本」

2月3日(水)

東京都港区東新橋1-9-3 日本通運本社ビル

1名様 / 30,000円(税込) 昼食用お弁当付き

定型作業の多い物流現場では、パート・アルバイトの戦力なくして業務の効率化・生産性の向上は考えられません。パート・アルバイトを活用すれば、社員が行う半分の人件費で作業を行うことができるといわれています。
しかし、安易にパート従業員の比率を向上させただけでは、人件費を引き下げることはできる一方、ミスや事故が多発し、サービスレベルの低下から信頼を失ってしまうことにもなりかねません。生産性の高い現場を実現するためには、正社員とパート従業員の役割の違いを理解し、正しい採用・教育・配置・評価をおこなったうえで、現場責任者が的確に管理することが必要不可欠です。

本セミナーは、店舗投入労働時間の90%以上をパート・アルバイトが占めるマクドナルドを参考事例に、その効果的な人材活用方法を、同社で人事戦略を実践してきた人材開発のスペシャリストが、経験に基づいて解説いたします。
皆様のご参加を心よりお待ち申し上げます。

レイバースケジューリングとは
仕事(作業)の手順とそれに必要な時間を分析・設定し、「仕事の量に合わせて人員を配置する」仕組み。これを導入することにより、生産性に応じて総労働時間と人件費をコントロールすることを目標とする。

セミナーを印刷
タイトルマクドナルドの事例に学ぶ 物流現場のパート・アルバイト活用の基本
開催日2月3日(水)
時間16時38分~17時00分
場所​日本通運本社ビル 4階 会議室AB
住所東京都港区東新橋1-9-3日本通運本社ビル
参加費用1名様 / 30,000円(税込) 昼食用お弁当付き
定員50名(最少開催人数:15名)
申込先下記WEBサイトのお申込みフォームからお申込みいただけます。
http://www.nittsu-soken.co.jp/seminar/archives/semi24.html
地図を拡大
10時00分10時35分

パート・アルバイトを活用するうえでの基本原則

・正社員とパート・アルバイトの違い ・パート・アルバイトを雇用するうえでの注意点

10時35分12時00分

パート・アルバイトを管理する現場社員の役割

・社員が把握すべき労務管理の基礎知識 ・トレーナーとしての社員の役割とOJTの原則 ・教育効率をあげるための学習ツール ・自己成長を促すための支援手法

13時00分14時00分

パート・アルバイトの採用と定着のポイント

・採用におけるマーケティング手法の活用 ・パートが定着するための職場環境の整備 ・早期退職を防ぐ職場の衛生要因

14時10分15時25分

レイバー・スケジューリングによる労務費の変動費化

・労務費を変動費化するためのポイント ・ポジションガイドによる必要人員管理 ※演習、※スケジュール作成の具体的なプロセス

15時35分17時00分

事故を防ぐための管理法

・パートが不祥事を起こす職場の特徴 ・パートにコンプライアンスを理解させるためには ・規律を守るためにパートの主体を引き出す ・本日のまとめ ・質疑応答

このセミナーが気になる

物流セミナーを掲載する

物流ニュース
物流用語
物流セミナー
物流企業サーチ
物流セミナーを掲載する物流企業サーチに掲載する
サイトポリシー個人情報保護方針お問い合せ運営会社お知らせ

©物流道 2006